予防から修理まで知っておきたいトイレの水漏れ修理方法

被害を最小限に食い止めたい

水はいろんな場所に侵入し、様々な被害をもたらします。特に、上から下へ集まっていきますので、マンションに住んでいてもし水漏れの被害があった場合、下の住民に大きな被害を与えることもあるのです。その中で特に大きな被害になるのがトイレの水漏れです。迅速に水漏れ修理が必要になるので対処法を覚えておきましょう。

気付きから修理までのフロー

1定期的にチェックをする

水漏れは気づきにくいという特徴があります。それは配管が見えにくい場所に隠されているということが影響しているからです。そのため、できれば水を流すときに気付くことが出来た方が良いです。流水が自然に止まらない場合は要注意です。

2便器周りに水が漏れていないか見る

もし便器の周囲に水が落ちているなら、水漏れをしている可能性があります。チェックすべき場所はパイプのつなぎ目です。ここから漏れていると床に水が侵食してしまうことが多いですので、漏れていた場合は水漏れ修理業者を呼ぶようにしましょう。

3水道代が急に上がっていたら水漏れしている

普段かかっている水道代についても知っておくようにしましょう。急激に水漏れが起こっていたら、どこかで水漏れがしているということです。トイレでは止水栓に水漏れが起こっていると、急激に水道代が上がることが多いです。

4止水栓を止める

プロに修理を任せるという人も、自分で水漏れ修理ができるという人も、まずは止水栓を止めるようにしましょう。まず水漏れを止めなければいけませんので、元となる止水栓を締めてから修理を始めるようにした方が良いです。

5業者を探す

夜中でも駆けつけてくれる業者がありますし、水漏れ修理を安心して行なうためにはインターネットや電話帳などで探すことになります。こんなときに備えて、チラシなどで投入される業者がどのように対応してくれるのか、普段から調べておきましょう。

迅速に修理する方法がある

トイレ

自分でできる人も覚えておく

トイレは毎日使うものですし、もし下水管が故障していたら大変なことになってしまいます。被害の例として、トイレの排水に問題があってマンションの下の住人に迷惑が及んだというケースもあります。そうなると被害額を弁償することもあります。自分で被害に対処できるという人でも、修理業者に頼んだ方が良いパターンなどを把握しておき、対処できるようにしましょう。